株式会社全建
リクルートサイト

私の仕事はいわば「用務員さん」何でもやります!
笠原 圭一 新潟営業所所長 2018年入社

先輩
インタビューInterview

一から作った営業所

私は2018年12月に開所した新潟営業所の立ち上げから携わっています。
前職時代にドライバーの仕事をしていた本社社長と面識はありました。「いずれは全建で新潟に営業所を作りたいからその時は手伝ってくれ」という話はしていましたが、半分冗談のように受け止めていました。しかしそれが正式決定したいうことで、改めて「一緒にやってもらえませんか?」というお話をいただきました。私も営業所を一から作るということに関して興味がありましたのでお引き受けすることにしました。
最初は、営業所の場所選びから始まりました。色々と探しましたが、私がドライバー時代からお世話になっていた方がここの家主さんという縁があり、この場所に決めました。この業界は横の繋がりがとても大事だなと思っています。
私の業務内容は一言でいうと、用務員さんですね。とにかくなんでもやります。
配車業務、所長業務、もちろん営業もやりますし、ピンチヒッターでドライバーもやります。あとは、営業所内で何かが壊れた時などは工具を持ってきて直したりもしますよ。まだ立ち上げたばかりで人員が足りないのはわかっていることですので、全然苦ではありません。

採用の決め手はどれだけやる気があるか

採用にあたり一番重視するのは、本人がどれだけやる気があるかどうかですね。数十分の面接時間内でそれを見抜かなければいけません。たとえ定年間近の方でも、長年ドライバーの経験を積み重ねてきているわけですから、やる気さえあればそういった方も採用したいと思っています。
しかし年齢を重ねるほど重い荷物などの扱いについては大変になるので、手作業で積まない荷物や、手作業でも身体に負担のかからないような荷物を私が営業して取ってくるようにしています。そうすることでドライバーの負担が減り、身体に無理なく長く勤めてもらうことができますよね。私もドライバー経験者なので、できるだけ配慮していきたいと考えています。
反対に、この業界を全く知らない方も採用し、一からその人その人に合った教え方で全建に馴染んでもらえるよう努めます。やる気があり、定年まで長く勤務していただける方を求めたいので、そういう会社側の環境づくりをしていきたいと思っています。
全建には、在職しながら必要な免許を取得できる免許制度があります。ドライバー職は運転免許が無ければ運転できません。他社では取得費用を月々の給与から引いていくというところもありますが、全建はそうではありません。
例えば免許取得費用が40万円だとしたら、その費用を一年でかかったとみます。つまり月3万円ほどとなり、一年間運転業務以外で働くとそれで償却になるという考え方です。お給料から引くということはありません。

ドライバーの仕事はサービス業と一緒

ドライバーの仕事は、ただ荷物を運ぶだけではないと思っています。サービス業と同じく荷主さんの所へ行ったらきちんと挨拶をすることはもちろん、言葉遣いや一般常識がわかる方でないといけないと思います。ちょっとした言葉の行き違いでせっかくいただいたお仕事を得られなくなってしまえば会社全体に影響してきます。出入り禁止にでもなったら大変なことですからね。
運転は一日の拘束時間が決まっていて、4時間走ったら30分の休憩が義務付けられています。トラックには高度運行管理システムを搭載しているので時間が迫ると「4時間まであと何分です」という表示がカウントダウンされます。また、勤務時間や休憩時間運行記録を正確に把握できるので、残業時間の削減にもつながります。ドライバーは長時間勤務のイメージがあると思いますが、今はこのシステムにより安全第一でドライバーをサポートしています。
メンテナンスに関しては、オイル交換やタイヤ交換は専門の人が行います。メンテナンス専用のトラックがあり、大型のタイヤ交換も本社から来てやってくれます。ただ、出先でのアクシデントに対応できないと困るので、基本的なメンテナンス技術は身につけていただく必要があります。

楽しく安全な会社づくり

私が掲げている中期計画があります。
新潟営業所でのメンテナンスの専門職の確保もそうですが、賃貸ではなく自社の社屋、倉庫を持ちたいという計画です。同時に、組織作りもしていかなければいけないですね。
30~40代のドライバーさんが何年か勤めていくとドライバーリーダーとなって、若い人を育てることができるようになります。私が指示したことをリーダーが若い人へ伝えることで体制が固められていくのですが、そのためには人員の確保は大事です。この中期計画は5年で達成させたいと思っています。
大切な荷物を時間厳守で安全にお届けするという使命を持ってやり遂げると達成感を感じると思います。全建新潟営業所は開所してまだ新しい会社です。みなさんと一緒に楽しく安全に長く働けるような会社づくりを目指しています。

Other Interview